FAMILY PHOTO    ファミリーフォートへの 
お問い合わせはこちら 
    029-228-1145  

       



 
 デジタルの一眼をご使用の方に!そしてこれからデジタル一眼カメラを考えている方に!
 最近デジカメは、シャッターを押せばそこそこにピント、露出も自動で良く撮れます。
カメラを向ければ人物にピントが合って、しかも人物の顔認識で、顔の明るさも調整出来るカメラも有ります。
無難に撮るならカメラまかせでも充分に良い写真が撮れます。しかも当店のデジカメプリントの現像機は明るさ、色も自動調整して印画紙プリントで仕上げます。(インクジェットと印画紙プリントの使い方参照)


そして、より良い写真、自分の感じたイメージで写真を作りたい方は、
ちょっとカメラの設定を変えるだけで思い通りの写真が撮れるようになります。
どこにでもピントが合っているという事は、逆に考えると立体感のない写真になります。
さらに後方を暗くしたり、明るくしたりする事で、手前の人物や被写体を引き立てる
事も出来ます。


具体的にはレンズの絞りを出来るだけ明るく設定すれば(f1に近くする)
簡単にその効果が出ます。

また偏光フィルターを使えば、うしろを暗くしたり、明るくしたりも出来ます。
空の雲を浮き立たせたり、水面の反射を押さえて水中の水草や魚をはっきり写す事も
出来ます。

レンズの明るさ(F値)が1に近いレンズは絞りを1に近づけて撮れるので
手前を思い切りボカしたり、うしろを思い切りボカしてファインダーで
見たままの写真が撮れます。


一眼レフのファインダーは解放で(一番明るくした絞りで)見ているのでプリントした時にも見たままに近く写せるわけです。
そこで、出来るだけF値の明るいレンズが好ましいのです。
出来ればf1.2 f 1.4 f1.8 f 2.8 くらいまでのレンズが写りも良くピント合わせの精度も良くなり、シャープに写せます。
さらに、単焦点だともっと写りが良くなります。
写真好きな人は 14o 24o 28o 35o 90o 200oのように
たくさんのレンズを持っているのはその為です。


ただ、現在はズームレンズも性能がよくなって買値で10万円以上するレンズはF値も明るく(f 1.4 f1.8 f 2.8等 )写りも単焦点に近づいています。
(注:いちばんたくさん写す画角の勝負レンズは、単焦点のレンズをすすめします。)

逆におすすめ出来ないレンズは 18−200o、28−300o のような万能レンズと言われるレンズだけはおすすめ出来ません。(カメラメーカーの方スミマセン)
焦点距離が幅広く、ワイドも望遠も撮れるという事は、みんな無難に撮れるよう設計するわけですから、
明るさも暗くなり、シャ−プさも落ち、ピントの精度も悪くなります。
(コンパクトカメラと思えばよいのですが、
 それならコンパクトデジカメの方が小さくて軽く、操作もしやすくなります。)
 そこで、
一眼デジカメをこれから購入の方へのアドバイス!です  (キレイに撮りたい方へのアドバイス)

@ご予算が10万円以下の場合
あまり欲張らないで、ストロボ内蔵カメラで、
レンズは標準ズーム1本 なるべくF値の明るいレンズ f2.8くらいだと
そこそこ良く撮れます。(Wレンズセットはレンズがガッカリです)

Aご予算が20〜30万円の場合
カメラはストロボ内蔵でも良いが、レンズはフンパツして10万円以上のズームレンズ1本
(貯金が貯まったら、望遠レンズを買う、なるべく12万円以上の明るいレンズ)

B ご予算が30万円以上なら
カメラはストロボ別売タイプが優れているので、カメラ本体と専用ストロボそして
15万以上の明るいズームレンズが良いです (24−70 f1.8クラスがおすすめ)

ご予算がもう少し有れば、70−200 f2.8クラスの望遠レンズが有ると良いです
   《お値段はあくまで、定価ではなく 買値です!》
   弘法は筆を選びます!! 
ステキな写真を撮って、当店で印画紙プリントしてみて下さい。
 
ポジフィルムで撮影されている方へ!
本当に写真を知りたい人に一言(写真一筋40年の店長から)

 
(注)本当はプリントするのに最適のフイルムはネガカラーです!
   リバーサルフィルム(ポジフィルム)は本来は印刷用原稿です(念のため)
   その為4切位までのプリントにはチョット硬くて写真の質が落ちます。

  ただし最近ダイレクトプリントの技術が向上して大伸し(半切以上のプリント)は
  (もともとコントラストの高いフィルムなので)とても良いプリントに仕上がります。

  結論としてL・キャビネ・4切までプリントする方はネガカラーの使用をお勧めします。
  半切・全紙プリント又は写真印刷が目的の時はポジフィルムの使用をお勧めします。
  そして撮影技術の向上の為にもごまかしの効かないポジフィルムは有効です。
  (プリントで調整出来ない−つまり−失敗写真はすぐにわかります)

 
そして・・さらに一言・・・  (オートの連写でがんがんシャッターを切っている方に苦言)
シャッターは、1まい1まい丁寧に写りを考えて押して下さい
絞りとシャッタースピードを考え心を込めてシャッターチャンスをつかんで下さい。
必ず上達します

最近のカメラはオートプログラムでも充分キレイに撮れますが、
ラッキーでうまく撮れたのと自分で仕上がりを考えて思い通りに撮れた時では
充実感も技術の向上も数段違ってきます。

ガンバッテ、マニュアルで撮影しましょう(せめて絞り優先と露出補正で撮ろう)
       失敗をおそれるな! トライ&トライ!





 Home   PageTop  

と,み

有限会社ファミリーフォート
〒310-0804 茨城県水戸市城南1-7-8 第一ビル1F
TEL:029-228-1145
Eメールfam310@apricot.ocn.ne.jp

Copyright  (c) 2011   FAMILY PHOTO j,n All Right reserved